• スペシャル 40s 50s DUKE KAHANAMOKU Vintage レア カラー ホワイト ハワイアン カクテル シャツ カハナモク アロハ / LEVIS 501 506 XX
  • スペシャル 40s 50s DUKE KAHANAMOKU Vintage レア カラー ホワイト ハワイアン カクテル シャツ カハナモク アロハ / LEVIS 501 506 XX
  • スペシャル 40s 50s DUKE KAHANAMOKU Vintage レア カラー ホワイト ハワイアン カクテル シャツ カハナモク アロハ / LEVIS 501 506 XX
  • スペシャル 40s 50s DUKE KAHANAMOKU Vintage レア カラー ホワイト ハワイアン カクテル シャツ カハナモク アロハ / LEVIS 501 506 XX
  • スペシャル 40s 50s DUKE KAHANAMOKU Vintage レア カラー ホワイト ハワイアン カクテル シャツ カハナモク アロハ / LEVIS 501 506 XX
  • スペシャル 40s 50s DUKE KAHANAMOKU Vintage レア カラー ホワイト ハワイアン カクテル シャツ カハナモク アロハ / LEVIS 501 506 XX
  • スペシャル 40s 50s DUKE KAHANAMOKU Vintage レア カラー ホワイト ハワイアン カクテル シャツ カハナモク アロハ / LEVIS 501 506 XX
  • スペシャル 40s 50s DUKE KAHANAMOKU Vintage レア カラー ホワイト ハワイアン カクテル シャツ カハナモク アロハ / LEVIS 501 506 XX
  • スペシャル 40s 50s DUKE KAHANAMOKU Vintage レア カラー ホワイト ハワイアン カクテル シャツ カハナモク アロハ / LEVIS 501 506 XX
  • スペシャル 40s 50s DUKE KAHANAMOKU Vintage レア カラー ホワイト ハワイアン カクテル シャツ カハナモク アロハ / LEVIS 501 506 XX
  • スペシャル 40s 50s DUKE KAHANAMOKU Vintage レア カラー ホワイト ハワイアン カクテル シャツ カハナモク アロハ / LEVIS 501 506 XX
今ならほぼ即納! アロハ カハナモク シャツ カクテル ハワイアン ホワイト カラー レア Vintage KAHANAMOKU DUKE 50s 40s スペシャル / XX 506 501 LEVIS Mサイズ
  • 当日発送
  • 送料無料

今ならほぼ即納! アロハ カハナモク シャツ カクテル ハワイアン ホワイト カラー レア Vintage KAHANAMOKU DUKE 50s 40s スペシャル / XX 506 501 LEVIS Mサイズ

お気に入りブランド
販売価格 :

580,000税込

獲得ポイント :
ポイント

商品がカートに追加されました
今ならほぼ即納! アロハ カハナモク シャツ カクテル ハワイアン ホワイト カラー レア Vintage KAHANAMOKU DUKE 50s 40s スペシャル / XX 506 501 LEVIS Mサイズ
販売価格:¥278,400 税込

在庫あり

※ 商品のお届けについてはこちらよりご確認ください。

SHOPPING が販売、発送いたします。

当日発送可 (14:00までのご注文が対象)

  • ご注文内容・出荷状況によっては当日発送できない場合もございます。
    詳しくはこちらよりご確認ください。

利用可

  • ポストにお届け / 一点のみ購入でご利用可能です。
    ゆうパケットでのお届けの場合はサンプル・ノベルティが対象外となります。
    ゆうパケットには破損・紛失の保証はございません。
    詳しくはこちらよりご確認ください。

商品の詳細


Hawaiian Style : The Art of the Aloha Shirt

Vintage 1950‘s Duke Kahanamoku Champion by Cisco


ハワイアンアロハシャツの歴史の中で最も人気があり欠かせないブランド、「デューク カハナモク チャンピオン バイ シスコ」の貴重な初期のオリジナルプリントです。

この美しく素晴らしいカクテルシャツはモンキー ビジネスのコピーや模造品ではありません。
デューク・カハナモクが携わった現存する本物・オリジナルであり、ヴィンテージに精通した上級コレクター向けのコレクションアイテムです。

価値観の違いがあっても、それは個人的な憶測や思い入れに基づくものではなく、コレクターとしての経験や多くの研究者の資料、史実に基づいたものです。
デューク・カハナモクのハワイアン・アロハシャツに秘められた「スピリット・オブ・ジ・アイランド」の魅力に興味のある方は、引き続き読んでみてください。
多民族文化の融合でハワイで生まれたユニークなテキスタイルデザイン、オリジナルヴィンテージ「デューク・カハナモク チャンピオン バイ シスコ」アロハシャツの魅力を世界に広めたデューク・カハナモクのアロハスピリットです。



1950年11月に発表された「モダン・ハワイアン・ファッション」デューク・カハナモク・コレクションは、カジュアルながらも洗練されたアートプリントが美しく特別な雰囲気を醸し出していました。発売以来、その品質の高さから世界中のレジェンド、セレブリティ、ファッショニスタから高い評価を得ています。

これまでに存在した個体は美術館や専門家、上級コレクターに収集され、今なお世界中のコレクターに愛されているため、世に出されることは少なくなりコレクション価値は高くなっています。
アイテムとして厳選されたプリントを施した個体は市場で見つけるのが非常に難しく高額で取引されています。

これは私の個人的な見解ですが、
今日の市場には、独創性がなくヴィンテージ・ブームに便乗した模造品製造メーカーがひしめき、実名復刻、限定品、忠実に再生などの言葉が必需のように飛び交い、自社のブランドでもない他者のものを称賛したものがリリースされて模造品が市場に溢れています。

時にはファッション誌や情報誌、インターネットメディア、SNSなどによってビジネスプロパガンダが配信されることもあります。

ユーズド市場では、聞き飽きたフレーズがコピペで拡散されて、見飽きた模造品プロダクツを希少とする価値感は個人のご自由です。
ご存知のように『Duke Kahanamoku Champion by Cisco』も数多くのライセンスの模造品が溢れてます。
それらとは全くの別のプレミアム・ヴィンテージとして価値になります。

シャツは、アロハの持つ意味も Soul & Spirits ない モンキービジネスの複製品や模造品ではありません。
真実、デューク・カハナモクが関わった本物の製品であり、現存している上級コレクター向けの収集アイテムです。
またはヴィンテージに精通した方向けのスペシャルなアイテムです。

価値観の違いがあっても、それは個人的な憶測や感情に基づくものではなく、オールド コレクターとしての経験と多くの研究者の資料や残された史実に基づいています。この美しく素晴らしいオリジナルヴィンテージは、の個人所有コレクションとなりますが、「ハワイアン アロハシャツ」に秘められた「Spirit of the Islands」の魅力に興味がある方は長文になりますが、是非、読み進めて頂きまして、文化の融合、ハワイから生まれたテキスタイル、オリジナルヴィンテージ「Duke Kahanamoku champion by Cisco」アロハシャツの魅力、そしてデューク・カハナモクのアロハスピリットをご確認ください。



これはヤフーオークションのみの出品であり、その他の投稿は全てネット詐欺のサイトです。

This is an exhibition only for Yahoo! Auctions, and all other postings are internet scam sites.


The Art of the Aloha Shirt

1950’s Hawaiian Cocktail Style Aloha Shirt

Duke Kahanamoku Champion by Cisco

Color : White Size : 15- 151/2 ・MEDIUM


優越したブランド・極上・極美のコンディション
何よりもまず特筆すべきポイントは、収集価値の高くヴィンテージ・ハワイアン・アロハシャツの代名詞と言っても決して過言ではない貴重なコレクタブルアイテム「Duke Kahanamoku Champion by Cisco」の極上・極美コンディションです。繊細なレーヨン素材を使用したハワイアン・アロハシャツは約70年近く経過した黄金期(1945年-55 年)の個体になり、現在となってはノー・ダメージを市場に出ることはありません。
この様なエクセレント・ホワイトの個体は、容易には得れ難い(えがたい)「アート・オブ・アロハシャツ」と認知され、美術館に収集され、ギャラリーで販売されたり、有名なオークションであるサザビーズでは1万ドル以上で取引されるコレクターアイテムとなっています。

Golden Age(黄金期) ・収集価値の高い時代
ハワイの観光業は 19 世紀後半に始まりましたが、第二次世界大戦の終戦前頃から大きく成長したこの時期をゴールデン・エイジ(黄金期)と呼ばれます。コレクション性が高く人気のシャツは、芸術的なクオリティーでアイランドスピリットが描かれた1945 年から 始まり55 年頃、若くとも1960年までに製造されたシャツが最も評価の高い作品が作られた時代です。

Mid-century modern (MCM) ・オールオーバープリント (総柄)・ストライプ調・パターン
このオールオーバープリント (総柄)のハワイアン アロハシャツのデザインです。
全面の前タテ部分はストライプ調にモチーフを配置したになり、背面は同種のモチーフを拡大したオールオーバー・デザインでまとめられています。
この洗練されたデザインで纏めらた図柄の組み合わせは非常に珍しいものです。

ストライプ・パターンのことをボーダーパターンという誤った表現が拡散されて定着しているように思います。洋服好きなら表現間違いがお分かりと思いますので、ここでは正しい表現でストライプで記載させて頂きます。

ストライプとボーダーの違い
ストライプ柄というと、「縦方向(垂直)の縞模様」という意味で使われます。 一方ボーダーつ柄は、「横方向(水平)の縞模様」です。



jpg>




アジアのモチーフと融合したハワイアナグラフィックデザイン
主にハワイアン アロハシャツのグラフィックには、島、魚、花、などといった様々なハワイのモチーフが使われています。ハワイやポリネシアのTiki、Hula danceなどモチーフに加えて、アジアのモチーフや伝統的なタパのデザインもたくさんあります。

ハワイアン アロハシャツを派手だと思う人もいれば、ダサいと思う人もいますが、ハワイアン アロハ シャツほどハワイの文化を象徴するものはありません。

もし高価なヴィンテージの『ハワイアンアロハシャツ』の購入を考えているなら本物かどうかを判断出来る知識と見極めが必要です。またアロハシャツの進化と歴史についても知る必要があります。コレクション性の高いシャツを探すには、グラフィックの品質、色、状態、サイズなど、何よりもまず、デザイナー、アートワーク、優れたテキスタイルデザイン、モチーフのサイズも重要になります。

中でもこの洗練されたミッドセンチュリーモダン(MCM)なグラフィックは、『Duke Kahanamoku Champion』ならではのクリエイティブなアート作品で前面と背面の 2 つの異なるプリント パターンで構成されています。抽象表現主義で描かれたこのクールなモダングラフィックはカクテル スタイルとも分類されるアロハシャツです。
ハワイは多民族であるため、歴史的に多くの民族的なイメージがありました。
このアジア文化の代表的なモチーフである『松・竹・梅』とハワイのタパスやキャパを融合させ、ミッドセンチュリーモダンな抽象表現主義のタッチで美しく描かれた『アロハ大使』デューク・カハナモクならではの秀逸なデザイン。

特に人気があり希少価値があるとされている年代
ハワイアン アロハ シャツの製造に使用される素材は、レーヨン、綿、シルクが使われてきましたが、精通したビンテージ シャツ コレクターは、他の 2 つのシャツよりも発色が良く複雑なディテールが浮かび上がるレーヨン 素材のシャツに価値観を共有しています。

ハワイアンアロハシャツをカジュアルスポーツウェアとして確立したデューク・カハナモクは、ニューヨークや西海岸のファッショニスタやセレブリティをターゲットにしており、MCMのデザインに赤がアクセントになっており、凛としたとてもクールな雰囲気を醸し出しています。

ハワイアン アロハシャツをカジュアルなスポーツウエアとして確立した『デューク・カハナモク』がニューヨークや西海岸のファッショニスタやセレブをターゲットしたMCMデザインは、レッドのアクセントが効いていて凛と引き締り非常にクールな雰囲気を醸し出しています。

ハワイアナの洗練されたスピリッツがシルキーレーヨンをキャンバスとしてテクニカルなハンドプリント で表現されたカクテル・シャツです。

ハワイアナのカクテル シャツ
60 年代までに、島を訪れたサーファーはアロハ シャツを南カリフォルニアに持ち帰り、その熱狂を引き起こしました。 60 年代に南カリフォルニアにサーフボードとアロハ シャツを持ち込んだサーファーシリコン バレーで始まったと言われる「カジュアル フライデー」の伝統の創設に貢献した人々でもあります。それは1965年にハワイで「アロハフライデー」として始まり、サーファーたちはそのコンセプトをシリコンバレーに持ち込んだのです。

70年近く前になる個体ですが一切の古さを感じさせないタイムレスな魅力を備えたハワイアナのカクテルシャツホワイトの個体は、今もハワイアナ・スタイルの「アロハフライデー」パーティーコーディネートにぴったりです。

真夏の太陽の下で... 月夜の下のビーチラウンジで… アーバンムードのシティーラウンジでも絵になるカクテル・シャツの逸品です。 また この図柄の複製品・模造品は存在しておらずバッティングすることもないエクスクルーシブで個性的なファッションを楽しむことが出来ます。一部の書き込みなど、ハワイアンはローカルのドレスシャツやフォーマルパーティで着られていたとされていますが、誤った解釈です。鮮やかなプリントを着ていませんでした。

色鮮やかなプリントのハワイアン アロハ シャツは地元の人にとってはワイルドすぎるため、そのターゲットのほとんどは美しい楽園を訪れた観光客や基地に駐留する軍人に好まれ、戦時中の兵士もアロハ シャツを手に入れました。発売されるとすぐに購入し、メインランドに持ち帰って広めたという記録が残っています。
現在もローカルのハワイアナが着ているハワイアン アロハシャツは、収集品とは依然として大きく異なります。

1950年代のDuke Kahanamoku Championとひと目で分かるラグジュアリーなオーラを漂わせる素晴らしいシャツは、ブランド、年代、色、柄、状態、どれをとっても申し分のない個体です。
また この図柄の複製品・模造品は存在しておらずバッティングすることもないエクスクルーシブで個性的なファッションを楽しむことが出来ます。


SEVEN ViNTaGE BEach FaShiONS (2009年08月 掲載)





Original Special Edition for「B. Altman and Company」o1986年に所持して以来、これまで個人コレクションとして大事に所持して来たものです。
オールド・コレクターとして、長年間、様々なハワイアン・アロハシャツを見て来ましたが現存する同じ個体を確認した画像の1度だけです。

友人でありヴィンテージ・ジャーナリストである著者のRin Tanaka氏から送られて来た『My FREEDamN!7 ViNtage Beach FashioNS』(2009年3月発刊)でカクテルシャツ カテゴリーで紹介されているものです。
掲載に拘り付加価値をアピールする方も多く見かけますが、これはあくまでも他に現存していたことを示すものです。
掲載記事については、エビデンスの信頼性などに基づきます。Rin Tanaka氏の掲載画像では、この個体は、ニューヨークの5番街にあった老舗の高級デパート「B. Altman and Company」の別注プリントであったことが分かります。

コレクターにとっては、ハワイアナのアイランドスピリッツの魅力を伝えてプレミアな黄金期を築いたデューク・カハナモクのアーカイブを示す魅力もある個体になります。

ハワイアンシャツのコレクターは、今や人気の高いLEVI‘Sなどコレクターより数十年も古くからコレクターや研究家が存在し、様々なコレクターズブックなどが発行されていたプレミアムな収集アイテムです。

厳選されたオリジナルは文化的アイコンおよび永久的なプレミアム コレクションとして扱われ愛好家を魅了し続けます。
この素晴らしいプリントも近い将来にはヴィンテージ域から更に貴重なアンティークアートとなることは紛れもない事実です。


コレクション価値のあるハワイアン アロハ シャツ・基本的なディテール

コレクターとしての目線からになりますが、もし高価なヴィンテージの『ハワイアンアロハシャツ』の購入を考えているなら本物かどうかを判断出来る知識と見極めが必要です。またアロハシャツの進化と歴史についても知る必要があります。

一般的には、モチーフが大きく、大胆で、派手であればあるほど良いとされて好まれているのではないでしょうか。
それは2色刷りではつまらない。スピリッツやデザイン背景などの価値より自分自身に注目を集めたい場合が多いように思います。
もしコレクション性を高めるなら、グラフィックの品質、色、状態、サイズなど、何よりもまず、デザイナー、アートワーク、優れたテキスタイルデザイン、モチーフのサイズも重要になります。

メーカーのラベルを1番に重視する人も多いと思いますが、加えて別のファブリックケアラベルの有無も大切です。
もし1960 年代までとするシャツやその他の衣類に洗濯ラベルが付いていたら年代に誤りがあり避ける必要があります。

バンブーやココナッツボタンは基本的にハワイ製のシャツにのみ使用されており、初期に普及していた可能性が高くなります。
1950 年代までのボタン形状は、2つ穴が主流であり1950年以降は4つ穴に代わりますがどちらの形状も凹になっています。
これは綿糸が使われていたため、擦り切れを避けるための形状です。
ボタンホールは並行であるべきです。
コレクション価値の高いシャツにはトップボタンをフロントボタンが 3 ~ 5 つです。比較的、年代の新しいシャツには6 つ以上のボタンが施され価値は低く珍しくありません。

一般的なシャツの左側にパッチポケットが 1 つ付いています。より高品質のシャツでは、ポケットはその下のプリントと柄合わせがされています。このマッチポケットは品質ポイントです。

また、タグにサイズ「ML」(ミディアム ラージ)が記載されているシャツを見つけた場合、そのシャツの年代は少なくとも 1950 年代であることがわかります。

その他の特徴としては、カバナ ポケット (胸ではなく腰にあるポケット) があります。これは 1970 年以前には普及しましたが、それ以降は普及しませんでした。

Product Detail
・並行 4つ穴ボタンホール

・5つボタン仕様 (トップのループボタンを含まない)
 コレクション価値の高いシャツにはトップボタンをフロントボタンが 3 ~ 5 つです。
 新しい年代のシャツには6 つ以上のボタンが施されいるものは価値は低く珍しくありません。

・オリジナル刺繍タグ付き (CISCO)

・袋とじ襟芯無し襟 (ステッチ無し)

・ループトップボタン

・オリジナル シェルボタンはそろっています。

・ 柄マッチ・ワンポケット 

Condition
・極上・極美 Excellent Vintage Condition
・襟、袖、ポケット、ボタンホール、裾などにリップ、シミなどはなく、非常に魅力的なコンディションです。

Size
表記サイズ : 15- 151/2 ・MEDIUM採寸測定 (平置き実寸ですので多少の誤差はご了承下さい)・着丈 : 約 69 cm (首元中央から裾まで)・肩幅 : 約 45 cm ・身幅 : 約 57 cm (脇の下から脇の下) ■ Material
・100% Rayon





ハワイアン アロハシャツのルーツ
「アロハ」はハワイの言葉です。「こんにちは」という意味であることを除けば、この言葉を理解できる人はそれほど多くありません。
ハワイではそれはさらに多くの意味を持ちます。ハワイではすべてが「アロハ」であり、愛と協力などの精神です。 1936年からはアロハシャツと呼ばれるようになりましたが、メインランド (本土)の人たちが着始めた頃は、アロハの概念がよく分からなかったためか、単にアロハシャツと呼ばれるようになりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ー

「アロハ大使」デューク・カハマモクの言葉
『ハワイでは、友人や愛する人、さらには見知らぬ人に対しても、愛を込めてという意味があるアロハで挨拶します。ここは、親睦の世界の中心地として知られています。だから、アロハの気持ちで人々に会い、別れるようにしてください。そうすれば、彼らの反応に驚くでしょう。私はそれを信じています、そしてそれが私なのです、これが私たちの信条です。
アロハ・トゥ・ユー (アロハをあなたに)』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ー

皆それぞれが、ハワイの衣服のスタイルは、島の若者の色彩豊かな服への情熱と、のびのびとしたハワイのお土産に持ち帰りたいと考える観光客の願望とが競うように刺激し合い、絶えず変化し続けていきました。

歴史的にハワイ先住民はカパを着ていました。楮の木の繊維から作られた樹皮布です。 (ハワイではカパと呼ばれ、ポリネシア全域ではタパと呼ばれます。)樹皮布を作るのには信じられないほどの時間がかかります。 8 時間かけて 3 × 5 インチの作品を 1 つ作成しました。

男性はふんどしを着用し、女性は布地で作られた小さなスカートを着用していました。西洋人が到着したとき(クック船長が 1798 年に現れたとき)、乗組員の男たちは長袖で襟がゆるい、スクエアカットのフロック シャツを着ていました。それが島で最初のシャツでした。

1800 年代にドイツから厚手の青と白のチェック柄の綿生地が届きました。この生地はハワイではパラカと呼ばれるようになり、長袖シャツの製造に使用されました。生地がとても重いので、サトウキビやパイナップルの農園では重宝されました。

19 世紀の終わりまでに、その最初のシャツは、今日のほとんどの男性用シャツのようなサイズに縮小され、前にボタンが付いたスクエアカットのシャツになりました。これがやがてアロハシャツへと発展したとされています。

アロハシャツのはじまりについて、諸説ありそれぞれの説は高い信憑性を持っているとされています。

1820年に宣教師が到着し、西洋人入植者のための入植地を形成した。彼らは子供たちのためにハワイで私立学校を始めました。彼の最初の学校の一つは、オバマ大統領も通ったプナホウ・スクールでした。
1920年代までに中流階級のシャツを買う余裕のある人々は厚手の作業服以外のものを求めていました。
私立学校の男子生徒のグループが、ただ楽しむためにお揃いのシャツを着たいと考えていました。 20年代から30年代にかけて島での衣類生産のほとんどを担っていたのは、日本人や中国人の裁縫師、仕立屋、洋裁師、生地屋だったので、そこで彼らは島々の仕立屋を訪ね、在庫があった女性用着物用の鮮やかな柄の日本ちりめんなどの生地を選んで着ていたと研究者は述べています。

マーガレット・S・ヤングは、ホノルルスターブルティン紙の編集者に送った1984年9月26日付の手紙の中で、彼女が初めてアロハシャツを見た記憶を1926年とし、次のように書いています。
「クラスメートであった故ゴードン・S・ヤング(姻戚関係はない)が、1920年代初頭、アロハシャツの原形といえるものを作ったのです。このシャツはハワイ大学の彼の友人の間で人気となりました。彼は母親が経営する店の洋裁師に頼んで、日本の浴衣用の綿布でシャツを作ってもらったのです。この幅の狭い布の多くは、白地に青や黒で竹や幾何学模様が描かれていました。ゴードンは体格がよかったため、幅の狭い布地を横に数回接いでシャツにし、シャツの裾をズボンの中に入れて着ていました。1926年にワシントン大学に入学したとき、彼は大学に新しいシャツを持っていき、これがキャンパス中の話題となったのです」との記事もあります。

後に『アロハシャツ』として商標登録したエラリー・チャンは、早い時期からカラフルなシャツを着る学生を目にしていました。1920年代にプナホウ・スクールの同級生が、花柄のプリントシャツを好んで着ていたのを覚えています。

1931 年にイェール大学を卒業した後、エラリー・チャンはホノルルに戻り、家族が経営する生地屋、キング・スミスは、便利なことにオーダーメイドのシャツを作る仕立屋のすぐ隣に位置していました。
そして、事業名をKing-Smith Clothiersに変更し、残った着物生地を使って明るいシャツを作り始めました。エラリー・チャンが1932年もしくは1933年(新聞によって違う年を記載)、チャンは、お客がいつでも購入できるように、夏用のシャツを作り置きすることを決めました。1936年、チャンは自分が生み出した独特のスタイルを、よりエキゾチックに『アロハシャツ』と命名し、これを商標登録しました。

仕立屋のユウイチロウ・ミヤモトは、ムサシヤ・ザ・シャツメーカーとして知られる人物です。同時期に、休暇で訪れていた映画俳優は、学校の子供たち、ワイキキのビーチボーイたちが着ていた日本ちりめんなどを使った色彩豊かなシャツを仕立屋で見て購入したとされ、またハワイのお土産に持ち帰りたいと考える観光客の要望もあり、1935年6月28日『ムサシヤ・ショーテン』は、アロハシャツと言う呼び名で初めてホノルル・アドバタイザー紙に広告を掲載したものが残っています。

実際のハワイアンの版画プリントが量産され始めたのは数年後のことでした。1930 年代を通じて、初期のアロハ シャツは日本製の生地で作られ続けましたが、 30 年代後半になると、ハワイ諸島でハワイアン プリントが生産されるようになりました。
アロハ・シャツには、5 つの文化・着用は西洋人、生地は日本製、仕立て屋は中国、フィリピンが関係していました。それはハワイで作られたということです。
1947(昭 22)年 8 月に制限付きで民間輸出貿易(民間輸入は 1950(昭 25)年 1 月)が再開されるまでは日本の生地は輸入されていません。

シャツをパンツの中に入れるのではなく、ワイキキのビーチボーイ外に出して着ました。
これはバロン・タガログと呼ばれる伝統的な紳士服をズボンの外側にも着ていたフィリピン人に由来します。
アロハシャツのスタンダードなスタイルとなっているボックス・シルエットは、デューク・カハマモクがビーチにいるローカルサーファーたちが流行のアロハシャツを外に出している着こなしを見て、風に裾がはためくのは涼しく見えるとはいえ、美的ではないと思い、シャツをズボンの外に出してもきれいにきこなしが出来るように裾を切ったボックスデザインを考案したのです。

1937年 地元の衣料品店と契約を結んだシャツには “Designed by Duke Kahanamoku,world-champion swimmer, made in the Hawaiian Islands” と明記されていました。
これが最初の本格的なハワイアン スポーツ シャツになります。






Duke Kahanamoku (1890年8月24日 - 1968年1月22日)

ハワイアナのヒーローとして様々な人々から愛されて、偉大なデュークの精神は現在も語り継がれています。

ネイティブハワイアンあるでデューク・カハナモクは、ハワイ文化とアロハシャツにおいても最も重要な人物の一人です。

あ多くの史実について記載することは出来ませんが、時代は1959年8月21日 アメリカ合衆国の50番目の州となるよりも前の1930年代まで遡ります。

若い頃の多くをビーチで過ごし、そこでサーフィンと水泳のスキルを磨き、ハワイ代表の水泳選手として世界記録も保持し、1912年、1920年、1924年に3回のオリンピックで5個メダルを獲得したレジェンドであり、サーフィンというスポーツをアメリカの東海岸と西海岸に伝え、10年もの年月かけてオーストラリア、ニュージーランドなど、遠く離れた場所にサーフィンを普及させた功績と人柄から『The Father of Modern Surfing (現代サーフィンの父)』と敬意を表して呼ばれます。

1948年 ジョン・ウェインが主演 したトロピカルアドベンチャー映画『The Wake of the Red Witch』にデュークはハワイの首長として出演し、俳優として1922年からサイレント映画を含む約30本の映画に出演しました。
2018年 Apple TV アプリで公開するためにリパブリック・ピクチャーズ・ライブラリーから貴重な映画がパラマウントによって新たに復元されました。『The Wake of the Red Witch』は、マーティン・スコセッシ監督が監修し厳選した16タイトルの1つに含まれていました。





『Duke Kahanamoku Champion by Cisco 』の始まり
戦前の1930年代からアロハシャツの推進者として知られるメインランドのセレブ・ビング クロスビーなどにより楽園とアロハシャツ魅力はメインランドで認知されるようになっていました。
この当時、アロハシャツの主流は日本から送られた和柄プリントなどのクラッシックプリントです。

ハワイは静かな楽園であるという概念は、1941 年の日本軍の真珠湾攻撃によって打ち砕かれ、アロハ シャツのメーカーは他のアパレル業界と同様に、戦争への軍事支援に転じることが余儀なくされます。

戦後、太平洋からメインランドに戻った軍人によって独特のアロハシャツはこれまで以上に人気が高まりアロハシャツのゴールデンエイジ(黄金期)には、戦勝景気に沸く観光客や様々な背景を持つ多くの商業アーティストやクリエイティブアーティストがハワイにやって来ました。

しかし、戦時中の規制はアロハシャツメーカーに深刻なダメージを与えていました。デュークも同様に『デュークス・ライン』その後、現在の『KAHARA・カハラ』となっている契約も満了していました。
産業のないアイランドでのプリントや生産には限界があり生地の遅れなど多くの難題がありました。
1950 年代まで、島の人々は輸入生地に頼っていました。アイランドに住むことの問題の 1 つは、繊維工場を含むすべての場所から 6,000 マイル離れていることです。当時は生地を入手するのに9か月かかりました。
デューク・カハマモクは、最初の大きな変化をもたらしたは重要な人物ひとりです。そして、もうひとり重要な人物がアルフレッド・シャヒーンです。

朝鮮戦争が悪化した際には、6,000マイル離れた本土からの繊維貿易にも大きな影響を与えました。『アロハ大使』とも呼ばれたデューク カハナモクは、革新的な大きな変化をもたらしたは重要な人物ひとりです。そして、もうひとり重要な人物がアルフレッド・シャヒーンです。

1950年頃、朝鮮戦争の情勢の悪化で6,000 マイル離れたメインランドから輸入されていた生地が港湾ストライキで止まったことから大きな影響を受け彼らの購入資金は眠ったままになったのです。

1948年に縫製会社を設立したアルフレッド・シャヒーンもメインランドで印刷されたテキスタイルを輸入 していましたが、この問題を解消するため、1950年 何もないところから戦争で残った破片や部品を使ってホノルル空港の近くに独自のテキスタイルプリント工場「Surf 'n Sand Hand Prints」を建設しました。テキスタイル デザインをシルク スクリーンで印刷する独自の方法を考案し、衣料品業界に新しい縫製および生産技術を導入しました。

デューク・カハマモクと同様にアルフレッド・シャヒーンの功績は非常に大きく世界にアロハシャツを広めただけではなく、産業の無かったハワイに産業をもたらしたテキスタイルの父と言っても過言ではありません。
アルフレッド・シャヒーンの最も有名な初期のデザインの 1 つは、エルヴィス プレスリーが「ブルー ハワイ」のレコード ジャケットで着ていたシャツとして作成されました。これはとても有名な版画です。

1940年代にはアロハシャツのパイオニアとなっていたデュークは、伝説のセールスマンとして、全米12人のひとりに選ばれたエルマー・G・レターマンの援助を受けて、アロハの魅力に気付き支持をしていたニューヨークのアパレル製造会社『Cisco Casuals』と1949年9月に本格的な契約を結びます。この契約の前より『Duke Kahanamoku Champion』は、『Cisco Casuals』のカリフォルニアで生産されていました。
これから12年間にわたるパートナーシップの始まりでした。

1950年初頭までには、桜や虎などの和風柄やオリエンタルのデザインのプリントは時代遅れとなり、デュークと『Cisco Casuals』のテキスタイルデザイナーやファッションデザイナーは、戦勝した好景気のブームとなったハワイを訪れる観光客が真っ先に買い求めた土産物のチープなアロハシャツではなく、魅力に溢れるアイランドの美しさとアイデンティティを尊重し、島で得たインスピレーションを記憶に残るようにハイクオリティのレーヨンをアート形式にして『モダンハワイアンファッション』を作成したのです。
多様なモチーフと多彩な形式のアートデザインが生まれたのは『Cisco Casuals』のチームとデュークによるハワイアナとのコミュニティが形成されていたことを示しています。

契約に署名してから6週間後、プレスリリースが出されて、その1か月後の1949年11月にはシャツは買い物客に公開されました。
1月初旬、ゴールメダリストとして世界的な視野を持ち、ハワイアナのヒーローとして有名なデュークは、メインランドのマーケットを念頭に入れたコレクションのプロモーション活動を本格的に開始します。
マスコミとのプロモーションが成功し、ファッション ショー パーティーでは、肯定的な評価とスタイルを備えた Duke の新しいラインが発表されました。協力者のエルマー・G・レターマンは、1月にニューヨークのストーク・クラブで盛大なパーティーを企画し、アロハシャツコレクションの全国的なプロモーションが行われました。

アロハ大使と呼ばれたデュークは、メインランドの高級デパートメントストアでイベントを開催したり、マンハッタンでブランドの広報担当を務めました。時にはパーティーを開き、ワシントンの権力者との会合に出席し、アロハシャツを着て全国テレビ『エド・サリバンショー」にも出演しました。
デュークの活動でアロハシャツはもはやハワイを訪れる人だけのものではなく、ヨーロッパの一流ブランドを取り扱うニューヨークのデパートフロアに並ぶ洗練された『モダンハワイアンファッション』として、ファッショニストやセレブからも高く評価されるブランドとなり世界的にアロハシャツの認知を広め、アイランド スピリッツ・ハワイの名も全世界に知らしめたのです。
1950 年 4 月までに、レターマンは再び新聞に誇らしげに登場しまし、デュークの衣料品ライン「シャツとスイムショーツがヒット、25万ドルをマークアップした」と宣言して売上高が年末までに100万ドルに達すると予測したという記事も残っています。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1953 年 From Here to Eternity (地上より永遠に)
もうひとつ他のシャツメーカーにとっても『ハワイアン・アロハシャツ』ブームの大きな後押しとなったのは、間違いなくモンゴメリー・クリフト が主演した1953 年の「From Here to Eternity (地上より永遠に)」の大ヒットです。

戦時中の軍人たちはアロハシャツを手に入れるとすぐに購入し、アロハシャツの流行をアメリカ本土に持ち帰りました。
大東亜戦争に突入する間際のストーリーに加えて白黒の画像でも際立っていた、兵士がオフの日に着替えたオシャレな『ハワイアン・アロハ シャツ』がフィーチャーされており、その多くは 『Cisco Casuals 』の『Duke Kahanamoku Champion』コレクションからのもので地位を確定しました。

※この映画では、出品のシャツと同類のMCMプリントのホワイト・ボディが複数使用されています。

この中には非常に収集価値のあるものがあります。 2001 年頃に「フォーブス」誌にアロハ シャツの収集に関する記事が掲載されました。映画に登場したプリントはすべて収集価値あるものです。
これらのシャツは大量生産されたものですが、今日のオークションでは通常 $10,000 から $15,000 で取引されています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

レジェンドのDuke Paoa Kahinu Mokoe Hulikohola Kahanamokuは、 1968 年 1 月 22 日に心臓発作により 77 歳で生涯を閉じ、ビーチボーイズのグループが「アロハ・オエ」などのハワイアンソングを歌い、『The Father of Modern Surfing (現代サーフィンの父)』の遺灰はワイキキの海に散骨されました。






この出品の入札について

※ 最近、落札者から連絡がこなく非常に残念な気持ちになりました。
 同じ様なことは避けたいので、初心者・評価のない方は入札参加をお控えください。
 全ての方が同じとは思っていません。参加をご希望であれば入札前に質問蘭にてご連絡ください。
 お互いに気持ちの良いスムーズなお取引を心掛けていますので、もし事前に連絡が無い場合は削除
 を致しますので悪しからずご了承下さい。

※ この出品に関しましての取引条件としまして、
 落札後は12時間以内に『取引入力』と 24時間以内の『ご入金・決済』をお願致します。
 決済確認後の翌日には、発送せて頂きますので、速やかなお受け取り連絡もお願い致します。
 上記の条件に承諾して頂ける方のご入札をお願い致します。

※ トラブル回避のため、商品詳細、画像と取引事項を必ずご確認ください。
※ ユーズドまたは長期保存品になりますので、ご理解いただける方のみのご入札をお願い致します。
※ 商品のコンディションについては、あくまで個人の判断によるものです。
※ 経験、調査、資料などの根拠に基く推測/推定年代ですが必ずしも確定するものではありません。
※ 商品についてのご質問、不明点がある場合は、入札前にお問い合わせ下さい。
※ 出品物の値引き交渉には対応しておりません。
※ お受け取り後は、速やかな連絡をお願い致します。
※ 入札額及び即決額は不定期で見直していますので、同一品でも設定額を変更する場合もあります。
※ 商品名・カテゴリー『/』以降は検索用ワードになります。




■ 送料は落札者負担になります。
※ ヤフネコ!(宅急便)追跡・補償あり
※ ゆうパック(おてがる) 追跡・補償あり
※ 平日発送のみになりますので、土日祝は発送できません。

■ 入札の前に下記のご確認とご了承下さい。
※ ご入札前に、出品説明、写真を必ずご確認下さい。
※ 掲載画像と実物とでは色味に差異が生じますことをご了承ください。
※ 未使用品、ユーズド品、または自宅保存品の為、完璧を求める方、神経質な方、細部に拘る方は
  入札をご遠慮下さい。
※ デッドストック及びユーズド品については、多少のキズ・ヨゴレ・経年劣化等についてはご了承
  ください。
※ 出品物の状態は、検品をしておりますが見落としがある可能性もございます。
 予めご了承下さい。※ 不明な点はお気軽にご質問ください。
※ ノークレーム・ノーリターンでお願いします。
※ご入札と同時に出品説明に同意頂いたものとさせて頂きます。
※ 評価の悪い方、評価内容等で取引に支障があると感じる場合は、出品者の判断で入札を削除させて頂く
  場合があります。
※ 取引履歴が不審な方の入札は告知無く削除させて頂く場合がございます。
※ オークションの場合、金額が見合わない場合にはキャンセルさせて頂く場合がございます。
※ 落札後は24時間以内に「お支払予定日のメッセージ+取引入力」をお願いします。
※ ご対応頂けない場合は落札者都合のキャンセルとさせて頂きます。
※ お受け取り後は、速やかな連絡をお願い致します。
※ 取引ナビのシステムに従い取引を進め必要がない限り取引メッセージは控えてさせて頂きます。


商品の説明

スペシャル 40s 50s DUKE KAHANAMOKU Vintage レア カラー ホワイト
スペシャル 40s 50s DUKE KAHANAMOKU Vintage レア カラー ホワイト
超極上 40s 50s スペシャル Duke Kahanamoku Champion Vintage
超極上 40s 50s スペシャル Duke Kahanamoku Champion Vintage
超極上 40s 50s スペシャル Duke Kahanamoku Champion Vintage
超極上 40s 50s スペシャル Duke Kahanamoku Champion Vintage
楽天市場】デューク・カハナモク DUKE KAHANAMOKU アロハシャツ
楽天市場】デューク・カハナモク DUKE KAHANAMOKU アロハシャツ
DUKE KAHANAMOKU - デューク・カハナモク | アロハシャツ 通販 NARO
DUKE KAHANAMOKU - デューク・カハナモク | アロハシャツ 通販 NARO

最新のクチコミ

★★★★

引っ越しの際に壁の防音性能を少しでも高めたくてamazonで購入したのですが、買い足しが必要になり調べたところ、楽天でも販売していたので購入させていただきました。 私はピンで壁に差してますが、手だと差すのが難しいのでピンニング器を使うと楽に壁に取り付けられておすすめです。

  • M8082
  • 27歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

寝室に貼っています★ リビングがとなりにあり音が気になっていたのですが以前より 聞こえなくなりました★

  • yms1130
  • 35歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★

扱いやすくて助かりました!!!!!!!!

  • Milk Panda
  • 23歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

取り扱いもしやすく、効果はまずまずなので、コスパはいいと思います

  • rumirumi_o
  • 31歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★

とても軽く扱いやすいです。 両面テープで簡単に貼り付けることができて、落ちる心配もありません。 防音シートの上に貼り付けましたが、防音効果もしっかりあると思います。

  • junjunnaoko
  • 39歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

虫ピンで取り付けられるのを見て購入しました。粘着剤を使いたくないので、虫ピンだけで壁に取り付けられるところはとても助かります。 肝心の吸音については、高音域はよく減衰するので玄関ベルとかはくぐもった音になるのですが、人の声とかはほぼ減衰されないです。遮音シートと組み合わせないと駄目かと思われます。

  • tsuyoshi0909
  • 27歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★

届くまでに少し時間がかかりました。 圧縮されているため荷物は思ったより小さかったです。 吸音材独特の臭いが少しきついですが数日置くと気にならなくなりました。 吸音の効果はまだはっきりとは分かっていませんがこれから使用感を確かめようと思います。 注文番号376048-20220617-0737303282

  • じゅん平
  • 35歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

発送も早くて助かりました。 臭いもほとんどなくて、良かったです。 しっかりしたフェルトなので、きれいに取り付けられました。 防音効果は、ないよりは防げている気がします。

  • ざき0596
  • 43歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★

生活騒音というより楽器演奏するのでご近所迷惑軽減のため購入しました。思ったよりコンパクトで軽いので壁に貼って効果をみようと思います。

  • かわいい柴犬
  • 31歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

思ったよりはやく届いて嬉しかったです! 洗濯も乾かすのも簡単でした! 良さそうなので追加考えてます! 注文番号 400681-20220605-0418479140

  • 忍者5840
  • 39歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★

遮音シート付けても音が小さくなって効果はありましたが、2枚重ねてにしてみたら隣の部屋からの音はほとんど聞こえなくなりました。大きな話し声も何を言ってるか分からない位の音量になって快適です。気になる部分にまた貼りたいです。

  • はろはろ7195
  • 47歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

ぺったんこで届きますが水に浸けてるとワカメのように吸音材の形になっていきます そこから絞って貼れるようになるまで2日かかりましたが効果抜群で追加購入しようと思っています

  • ちー7986
  • 35歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

この商品を見ている人におすすめ